フランクリンメソッド 「膝」のワークショップを開催しました。

4月26日(木)に1時間半の「膝」をテーマにしたプチワークショップを開催しました。

中高年の4人に一人は膝に何らかの痛みを抱えていると先日TV番組で見ましたが、将来にわたって膝関節を健全に保つためにその構造や正しい動き方を知っておく事はとても大切です。

将来、私たちの「膝」は痛みを抱える運命にあるのではなく。本来は「立つ、歩く、座る」など、日常動作をスムーズにしてくれる便利に働く関節なのです。そしてとても頑丈で、柔軟性に富んだスーパー関節です。(^_^)

 

クラスでは最初に膝の構造を骨模型と小道具とご自分の膝を触りながら確認していきました。

「膝はどこから曲がる?皆さんココと思われるところに指をおいてみて!」改めて問われると案外あやふやだったりしませんか?

 

続きを読む

プチワークショップ「happyで健全な膝vol.1」フランクリンメソッド を使って

「膝」に痛みなどの症状が出た時

湿布を貼ったり、サプリを飲んだり、色々試しますが良くなったり痛みが出たりを繰り返すのって身に覚えありませんか。

ではもっと良い方法はないのでしょうか。

 

車の運転を例にしてみたいと思います。

強引なハンドル操作をするドライバーがいるとしましょう。その車のタイヤは痛みが早いと簡単に想像できますよね。もしかすると事故につながるかもしれません!

それならという事でタイヤを性能の良い新品に取り替えることに。。。でもそのドライバーのハンドル操作自体が変わらなければやはりタイヤは同じようにすぐ痛んでしまうと思います。肝心なのは自身がハンドル操作の基本を学ぶという事です。そうすればタイヤの摩耗は少なく、長持ちし、強いては安全なドライブを楽しむことができます。

 

私たちの体も同じように捉えることができ「膝」の構造を理解し、「機能的にどう動くか」を習得できれば障害の予防や改善にも繋がっていくはずです。

 

ここで一つ大切なのはHOW TOの理解では本当の意味の習得にはならないということ。機能的な動き方を理解し、さらに自らが動きを体現できるという事が大切になってきます。

 

フランクリンメソッド の多様なイメジェリーは見えない関節の動きをイメージしやすくします。ピラティスのキューでもフランクリンメソッドのイメジェリーはとても有効でクライアントの体にダイナミックに動きの質を伝達してくれるツールだと思います。

 

今回のワークショップではイメジェリーを利用しながら「膝」の本来あるべき動きを探求していきます。

わかりやすく楽しい学びとなるようにしたいと思います。

 

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

日 時/4.26(木)  19:00-20:30

場 所/スタジオ オーバードライブ

申 込/スタジオ オーバードライブ

金沢市泉本町1-7-1 

076-281-6200 bmp.s.overdrive@gmail.com

料 金/3800円

定 員/8名様

 

 

 

続きを読む

AKIKO PILATES WORKSHOP 「The breathing」を開催しました。

3月25日 名古屋のピラティススタジオ Pilates Arts 代表のAKIKOさんを講師に迎えワークショップを開催いたしました。

テーマは「breathing-呼吸」。

 

まずは呼吸を利用し胸郭(肋骨)を膨らませストレッチ!

 

続きを読む

DIYを楽しむ。「Rの下がり壁」作り

 

ずっ〜と作りたいなぁ、、、と思っていたのが「Rの下がり壁」です。3月25日のワークショップまでには作ろうと奮起して取り掛かりました!

取り付け箇所は一番目立つ受付のところに。

続きを読む

赤ちゃんに癒されました(^_^)

今日はご出産されたメンバー様が3ヶ月になる赤ちゃんとご来店くださいました。

 

続きを読む

伝統医学を考える

7月30日(日)に健康運動指導士研修会に行ってきました。講師は金沢大学大学院 医薬保健学 総合研究科の客員准教授 許 鳳浩(キョ ホウコウ)先生、テーマは伝統医学です。伝統医学とはザックリいうと東洋医学のことで自然治癒力をメインとする治療。西洋医学とは対極的な存在です。その大まかなものは中国医学、インド伝統医学、ユナ二医学、チベット医学に分けられます。

それぞれ次の3要素から成り立ちます。

1、体への療法。

2、心と体への療法。

3、宗教的基礎。

例)インド伝統医学なら1、オイルマッサージ 2、ヨーガ 3、ヒンヅー教(スリランカは仏教)

 

今回の講演の中心は中国医学です。そこでは体の9つの体質という考えを紹介してくれました。自分の体質がわかれば気をつけたい日常生活のポイントを知るのに役立つというものです。いわゆる「未病*」対策が伝統医学の根本の考え方。知らないより自分の体質の傾向だけでも知っている方が何かとプラスになりそうですね。

*未病:病気になる前の対策は予防と言いますがその前の病気にならない体作りが「未病」という概念で中国の総合病院には「未病科」もあります。

 

ご自分の体の気質のタイプは?下の表は大まかな仕分けなので参考程度に。

 

続きを読む